省エネルギー住宅

省エネルギー住宅とは

環境に優しく、快適な低炭素社会に向けて

国は住宅の省エネ化を推進中です。
2020年までに新築住宅の省エネルギー基準への100%適合化を目指しています。

新築住宅の省エネ、断熱施工が欠かせないものとなっていきます。

2030年にゼロエネ住宅義務化目標

政府の発表では、2020年に新築住宅の平均値でのゼロエネルギー化を目標としています。
近い将来に、ますます省エネルギー化が進んでいることを考えると今から対応しておくことが得策と思われます。

ゼロエネルギー住宅とは

電気代だけ創るエネルギーだけではなく、エネルギー自体が少なくて済む住宅。

一年間で使う暮らしのエネルギー(一次エネルギー)に対して住宅の高断熱化や省エネ設備と太陽光などの創エネ設備を組み合わせることによって エネルギーがプラスマイナスゼロになる住宅を「ゼロエネルギー住宅」と呼びます。
住宅の基本性能と設計の工夫が重要なポイントになります。

ZEH目標公表資料

ZEHの周知・普及に向けた具体策

1.見学会・イベントやホームページなどで説明資料の掲示やチラシの配布をし、ZEH住宅の理解をして頂く機会を広げます。
2.お客様に ZEH住宅の省エネルギー性・快適性で健康的に生活できるメリットを説明いたします。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

1.地域にあったZEHの標準仕様を作成し、効率的な設計・工事管理・現場の施工性の向上を実施していきます。
2.標準仕様作成に当たり断熱材やサッシ等の材料の見直しを行い、コストダウンにつなげる。

その他の取り組みなど

1.自然エネルギー、省エネルギーの商品が開発されていくため、新商品・新工法などの、情報取得・探求をしていきます。
2.ZEH に関する講習会へ積極的に参加、社内勉強会を実施し知識・技術の向上に努めます。
© NOUKEN Co.,Ltd .ALL RIGHTS RESERVED.